こころ、こんにちは。

COLUMN院長コラム

摂食障害の特徴~目標があるという依存症

2018.12.03

先日までに、従来の依存症に比べより根本が深い依存症として、「社会恐怖(ひきこもり)」と「摂食障害」を取り上げています。理由は「若年期から起こる」「思い込みがより強い」などが挙げられます。手数が少ない子供のころに出来る技を使うのですから、いわばその想いに対しては正直に向き合っている衝動行為と言えます。
ちなみに比較として大人から始まるアルコールや薬物などは、「本当はやりたくないのにやっている」ことが傍目からもわかります。そして時には「あなたが寂しいのはわかる」という人が当事者の周りに現れ、「共依存」という密着した関係が生じることもあります。いずれにしても旧来の依存症は「当事者が無理している」というムキな側面が滲み出るものでした。別の言い方をすれば、我々臨床側は「寂しさ」が目に見えるものから依存症に含んでいったという言い方もできるかもしれません。
一方、このような観点からやや離れるのが摂食障害(Eation Disorder/ED)です。EDは神経性大食症(Bulimia Nervosa / BN)でも神経性無食欲症(Anorexia Nervosa / AN )に分かれますが、いずれにせよ「痩せる (または) 痩せ続けているという目標をもって」行為を続けているのです。食べ吐き(自己誘発性嘔吐)という代償行為を見ても、「痩せていたい」という思いの丈は一途なのです。
これを傍から見れば「強迫性」と簡単に言ってしまうのですが、「やせればいいことが起こる」という当事者たちの言い分に、現代人は完全にNOといえるでしょうか。つまりEDの当事者達は、世間の価値観にある意味忠実に向き合い、「自分の将来が良くなることを目指して」摂食障害をしているのです。
ちなみによく考えられている「いまの気分不安定から抜け出すために食べ吐きを使う」という言い分は、私は無理があると思っています。なぜなら摂食障害とは行動自体は間欠的でも、四六時中食べ物が頭を離れない人も多いです。よって不安からの解放という理由だけであれば、わざわざ体力や時間を使い、またやってしまった自分に負い目を感じるというこのような面倒な技を使い続けなくてもよいからです。

ちょっと小難しくなりましたが、まとめますと摂食障害に至る背景は、概ね「自信を失った」という想いです。そしてその想いが「痩せたら自信を取り戻せるのではないか」という目標に転換しているのです。よって「その目標は間違っている」という方向ではなく、当事者が「なぜ自信を失ってしまったか」を見つめることが焦点になります。
そしてその理由には、「周囲に合わせすぎている間に、自信を失ってしまった」という過程が多いようです。よって摂食障害こそ、そこに流れている人間関係を無視できなくなります。