メニュー

院長コラム

差別は「しがらみ」がもたらす(2021.02.12更新)
差別の由縁 五輪絡みの差別発言が物議を醸しだしています。得てして問題発言と取り上げられる際、その当時者はその重要性を意識していないものです。知らないうちに脈々と刷り込まれた当事者の価値観が由来してい… ▼続きを読む

決めつけられるという不本意(2020.11.20更新)
コロナを例に…。 コロナが世に出てきた当初、「コロナが怖い」で思い浮かぶ対象は「感染」でした。確かに今春の緊急事態宣言前はそのようでした。しかし実際に緊急事態宣言に入り、人々の往来が少なくなると、「… ▼続きを読む

災害・有事時の「気が立つ」反応(2020.05.07更新)
有事時の心因反応 私は宮城県の出身のため、先の東日本大震災後一年間、東京から現地支援に伺いました。沿岸部の気仙沼・南三陸に向かう道路の周囲の木々の下半分は、津波の塩水をかぶって茶色に染まっていること… ▼続きを読む

親が振り向いてくれない怒り(2020.01.14更新)
怒りの大きな源泉は親子関係である。 新年になり改めて振り返ると、やはり人間の怒りは親子関係が源泉となると思い知らされます。いじめ・マウンティング・DV・ハラスメント…傍から見て「なぜこの人はこんな実… ▼続きを読む

あの時と同じことは起こらない(2019.09.02更新)
職場は特殊な集団。人間関係の構造式が違う 明日から学校では二学期が明けます。夏休み明けのこの時期が最も学童や生徒の自殺が多いようです。長い休みを経て、当時の辛かった時の再現を心配するのでしょう。 一方… ▼続きを読む

トラウマは気難しさにつながる(2019.06.07更新)
複雑性トラウマは「奪われた体験」と「得られなかった体験」に分ける。精神的なトラウマは、自然災害や事故などで生じる「単純性トラウマ」と、不具合な環境が長引いて生じる「複雑性トラウマ」に分けられます。私ど… ▼続きを読む

我慢は禁物(2019.05.24更新)
我慢の副作用日本人は我慢を教わって育ち、あらゆる場面で波風を立てないことを是とする傾向があります。確かに日常生活の様々な場面において、いわゆる典型的な我慢が必要な場面もあるかもしれません。しかしこと我… ▼続きを読む

完璧主義者の葛藤とパワハラとの繋がり(2018.06.21更新)
扱いにくい完璧主義者は、むしろ世間にいる。 今回は完璧主義について述べます。ここで「完璧にやらないと気が済まない」と自ら悩んで相談に来られる人は、その時点でとてもご自身に向き合っているといえます。自… ▼続きを読む

DV後遺症(2016.04.07更新)
先日話題となった少女の監禁事件から、「適応機制」という言葉が報道に取り上げられました。適応機制とは「その空間や状態に当初は苦痛を感じても、無意識のうちにいつのまにか適応していくようになる」ということ… ▼続きを読む

つじつまが合わないと感じたとき(2016.03.01更新)
人間関係でのギクシャクの元は言うまでもなく行動と会話ですが、より反応的なものは会話由来のものでしょう。例えば、「あの人失礼ね」という言い回しをする人がいますが、考えてみれば失礼と感じる由来は、感じた… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME